意味カテゴリAPIとは 

  意味カテゴリAPIは、10万以上の日本語語彙を約1万種の意味カテゴリ―に区別して認識します。  


活用例:ビックデータ分析

ソーシャルメディアデータや、アンケート回答データなどのビックデータ分析に活用できます。 例えば、余暇活動についてのデータを分析する際、「ドライブ」や「キャンプ」、「遠出」などの単語が頻出するときに、 同じ言葉が含まれていなくても、同じ意味の言葉が含まれたデータを一括りにすることを可能にします。

意味カテゴリAPIの有用性

  意味カテゴリAPIは機械学習テキスト自動分類に応用することでさらなる可能性を秘めており、 当社のVoC分析サーバにも応用されています。 莫大なテキストデータに人間が目を通して意味を判断するという手間が省かれ、逆に、機械による分類から新たな発見を期待できます。


技術説明およびご使用のご案内はこちらより  



メタデータ株式会社

  • 〒113-0033 東京都文京区
    本郷3-25-4 津久井21ビル4F
  • Tel. 03-3813-5447
    (平日 9:30 - 18:30)

企業情報

個人情報について

お問い合わせ